盗撮に強い弁護士

地域の盗撮事件情報 – 川崎駅(神奈川県)の盗撮

地域の盗撮事件情報

アトム法律事務所は盗撮事件に強い弁護士事務所です。以下の駅および駅付近で盗撮を行い、逮捕・検挙されてしまった方やご家族の方は、お電話を下さい。電話は24時間・365日対応、法律相談は夜間や土日も対応しています。

「川崎」駅から「関内」駅(アトム横浜支部から徒歩4分)までは6駅・23分

川崎駅(神奈川県)の盗撮

川崎駅の概要

2000年代以降再開発が進められ、工業地区であった西口はラゾーナ川崎を中心に商業施設やマンションが建ちました。東口には駅ビルのアトレ川崎や百貨店などの商業施設があります。また、京浜急行電鉄本線と大師線が乗り入れている京急川崎駅とは地下街などで結ばれており、駅からの連絡が可能となっています。
2018年度の一日平均乗車人員はJR川崎駅が214,601人で、JR東日本の駅の中で第12位、神奈川県内での同社の駅では横浜駅に次いで第2位となっています。京急川崎駅の2018年度の1日平均乗降人員は131,920人でした。
タウンニュース川崎区版によると川崎駅東口周辺で、盗撮行為が増加しているようです。

駅名路線名
川崎JR東海道線、京浜東北線、南武線
京急川崎京浜急行電鉄本線・大師線

川崎駅付近の駅

川崎駅の半径2km圏内には以下の駅があります。

駅名路線名乗降人員数(2018年)
八丁畷京浜急行電鉄本線、南武線16,165人
六郷土手京浜急行電鉄本線16,441人
鶴見市場京浜急行電鉄本線21,572人
港町京浜急行電鉄大師線7,963人
尻手南武線16,067人
川崎新町南武線支線(浜川崎支線)3,009人
矢向南武線19,449人

川崎駅付近の警察署・交番

川崎駅および川崎駅付近で盗撮事件が起きた後、被疑者(容疑者)が連行・逮捕される可能性が大きいのは、以下の警察署または交番です。

警察署名住所電話番号
川崎警察署神奈川県川崎市川崎区日進町25-1044-222-0110
幸警察署川崎市幸区南幸町3-154-4044-548-0110
交番名警察署所在地受持区
川崎駅前交番川崎川崎市川崎区駅前本町26-2砂子1〜2丁目
駅前本町
小川町
堀之内町
本町1〜2丁目
宮本町
日進町(1番地、59番地16に限る)
南町交番川崎川崎市川崎区南町17貝塚1丁目
下並木
新川通
堤根
東田町
南町
元木1〜2丁目
日進町(1番地、59番地16を除く)
富士見公園交番川崎川崎市川崎区富士見2-1-5旭町1丁目
榎町
境町
富士見1〜2丁目
宮前町
川崎駅西口交番川崎市幸区堀川町74堀川町の一部
柳町
大宮町
中幸町3丁目、 4丁目
南幸町2丁目、 3丁目
幸町交番川崎市幸区幸町2-585-1幸町1丁目〜4丁目
中幸町1丁目、2丁目
南幸町1丁目
都町
堀川町の一部
河原町交番川崎市幸区河原町1-31河原町
神明町1丁目、2丁目
遠藤町
戸手4丁目

川崎駅付近の検察庁・裁判所

川崎駅および川崎駅付近で盗撮事件が起きて、被疑者が逮捕された後の手続き(留置の期間を延ばす勾留など)や公開の法廷で刑事裁判を行う場合に関与するのは、以下の機関です。

名称所在地電話番号
横浜地方検察庁川崎支部神奈川県川崎市川崎区宮前町12-11044-244-0141
横浜地方裁判所川崎支部神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-3044-233-8174
川崎簡易裁判所神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-3044-233-8174

川崎駅付近のショッピングセンター

警察庁『平成25年版警察白書』によると「ショッピングモール等商業施設」の盗撮摘発件数は駅に次いで多く(全体の29%)、盗撮が生じやすい場所として警戒されています。川崎駅付近には以下のショッピングセンターがあります。

名称住所
アトレ川崎川崎市川崎区駅前本町26-1
川崎DICE川崎市川崎区駅前本町8
川崎ルフロン川崎市川崎区日進町1-11
さいか屋 川崎店川崎市川崎区日進町1
ラゾーナ川崎プラザ川崎市幸区堀川町72-1

川崎駅が所在する自治体

川崎駅は便宜上、特定都区市内制度における「横浜市内」に属していますが、所在は川崎市内ですので【川崎市】をご紹介します。
川崎市は、神奈川県の北東部に位置する7区の行政区を持つ政令指定都市です。政令指定都市の中では最も面積が小さいものの、人口は1,541,874人(令和3年5月現在)で非都道府県庁所在地の市の中では最大です。駅から離れた多摩川沿いの低地や多摩丘陵にはのどかな田園風景が広がる一方、丘陵部にはたくさんの新興住宅地があります。また、東京湾岸に広がる埋立地は大規模な重工業地帯であるなど、多様な面を見せる町です。

川崎駅付近の盗撮事件ニュース

USBメモリー型カメラで盗撮 余罪も発覚

川崎市教育委員会は、女子トイレに盗撮用のカメラを設置したなどとして、男性職員を懲戒免職処分にしたと発表した。市教委によると男性職員は、市教委が入居する民間ビルの女子トイレの個室内にUSBメモリー型のカメラを設置したほか、都内の民間施設の男女兼用トイレに隠し置いたカメラで盗撮した。市教委の聴取に、男性職員は「日頃のうっぷんを晴らすため軽い気持ちでやった」などと説明。JR川崎駅で昨夏に女性のスカート内を10回程度盗撮していたことも認めたという。4月から出勤を自粛していた男性職員は、建造物侵入と県迷惑行為防止条例違反などの罪で略式起訴され、罰金50万円の略式命令を受けた。
(神奈川新聞社 2019年)

女性教諭を盗撮 男性統括教諭が懲戒免職

勤務時間中に同僚の複数の女性教諭らを盗撮したとして、川崎市教育委員会は、市立小学校の男性総括教諭を懲戒免職処分にした。市教委によると、教諭は、児童の個別指導をしていた女性教員の胸元や全身を自身のスマートフォンで盗撮した。他にも補習指導に当たっていた別の女性教員を盗撮するなど、2年間で同校の女性教員4人に対して少なくとも10回の盗撮を繰り返したという。教諭は担任を持たない教務主任で、校内で校長、副校長に次ぐ地位。個別指導の教室などを巡回中、録画機能を立ち上げたスマートフォンを服の胸ポケットに入れるなどして盗撮していた。市教委の調査に「性的欲求で盗撮したところ、うまくいったので、何度もしてしまった」などと説明しているという。被害に遭った女性教諭が「撮られている気がする」と校長に相談して発覚した。

(神奈川新聞 2020年)


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談