逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 弁護士紹介

弁護士紹介

  • 1 盗撮事件でお悩みの方へのメッセージ

bengoshi_p1

盗撮事件でお困りの方に対して、アトム法律事務所の弁護士をご紹介します。

アトムはなぜ盗撮事件の経験が豊富なの?

アトム法律事務所は、平成20年に刑事事件だけを取り扱う弁護士事務所として設立されました。現在は多方面から各種の依頼を受けるため、民事事件を取り扱うこともありますが、基本的には刑事事件だけを集中的に取り扱う法律事務所です。盗撮事件を解決した数は国内有数で、日本全国にある支部事務所で解決した盗撮事件の情報を社内データーベースで共有しているため、最近の盗撮事件の解決のポイント・トレンドを押さえています。

弁護活動によって結果が変わるって本当?

本当です。盗撮事件に置いては、被害者との示談の成否が一番重要になってきます。示談が失敗すれば、その後にどんな弁護活動を尽くしても、罰金となり、前科がついてしまう可能性が高いです。他方で、示談さえ成功すれば、初犯の盗撮事件であれば、まず間違いなく不起訴処分を得ることができます。つまり、盗撮事件の解決においては、「被害者との示談交渉」という一発勝負の性質をもつ活動が極めて重要になってくるため、担当の弁護士によって結果が変わることが多くあります。

弁護士選びで一番大切なことは何?

弁護士の経験値です。また、弁護士が所属する法律事務所全体で経験やノウハウを共有できているかです。盗撮事件の解決方法について質問し、曖昧な回答や結論を濁した回答しかできない弁護士に弁護活動を依頼するのは、前科がつく/つかないという極めて重要な局面においては不安が残ります。各種の盗撮事件を解決した経験を有し、法律相談時に自信をもって解決方法を提示・提案できる弁護士を選ぶようにしましょう。

office_name

2 弁護士紹介(五十音順)

  • 3 アトムグループ

アトム法律事務所は、刑事事件と交通事故だけに特化した弁護士事務所です。刑事事件の加害者側弁護だけを専門に取り扱う事務所としてスタートした沿革があり、刑事事件の活動実績が豊富です。現在は、新宿、北千住、埼玉大宮、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡に支部事務所を展開しています。

特徴1:ご依頼者様の罪が軽くなる

日本で数少ない刑事事件を専門に取り扱う弁護士事務所であるアトム法律事務所なら、これまでの日本全国で積み重ねてきた経験と実績に基づき、捜査機関や裁判所とタフに交渉し、ご依頼者様に有利な結果を取り付けることができます。その結果、ご依頼者様は事件を起こす前と同じ生活を再び取り戻すことができます。

特徴2:ご依頼者様の勾留期間が短くなる

新宿・北千住・埼玉大宮・横浜・名古屋・京都・神戸・大阪・福岡に弁護士事務所があるアトム法律事務所なら、ご相談を受けてから直ちに日本全国の警察署に出張し、事件に対応することができるため、ご依頼者様の勾留期間を短くすることができます。その結果、ご依頼者様は釈放された後、これまでと同じ職場や学校に復帰することができます。

特徴3:被害者の方の許しが得られる

日本一を目指して刑事事件の相談を専門に取り扱ってきたアトム法律事務所なら、ご依頼者様に代わって被害者の方に謝罪を行うことができます。その結果、ご依頼者様は被害者の方から許しを得ることができて、その後の捜査や裁判で有利な取り扱いを受けるができます。

  • 4 組織概要

名称

アトム法律事務所弁護士法人グループ
Atom Legal Professional Corporation Group
・アトム法律事務所弁護士法人
・アトム市川船橋法律事務所弁護士法人

ミッション

交通事故と刑事事件の地域一番の弁護士事務所として、
相談者のお悩みとお困りごとを解決すること

代表者 弁護士 岡野武志 (第二東京弁護士会)
弁護士数 16名(2017年11月現在)

弁護士 赤井耕多 (第二東京弁護士会)
弁護士 射場智也 (大阪弁護士会)
弁護士 浦田忠興 (大阪弁護士会)
弁護士 太田宏美 (第二東京弁護士会)
弁護士 岡野武志 (第二東京弁護士会)
弁護士 加藤孔明 (兵庫県弁護士会)
弁護士 川崎聡介 (大阪弁護士会)
弁護士 庄司友哉 (愛知県弁護士会)
弁護士 竹原宏征 (第二東京弁護士会)
弁護士 富澤貴浩 (第二東京弁護士会)
弁護士 中村弘人 (愛知県弁護士会)
弁護士 成瀬潤 (福岡県弁護士会)
弁護士 野尻大輔 (神奈川県弁護士会)
弁護士 野根義治 (第二東京弁護士会)
弁護士 藤垣圭介 (埼玉弁護士会)
弁護士 代次徹也 (京都弁護士会)

事務職員数 31名(2017年09月現在) ※弁護士数・職員数はアトム法律事務所弁護士法人の人数。
所在地 東京本社
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階 地図はこちら
埼玉大宮オフィス
〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-63 栗橋ビル7階 地図はこちら
千葉オフィス  (アトム市川船橋法律事務所)
〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町1-20 江澤ビル6階 地図はこちら
市川オフィス  (アトム市川船橋法律事務所)
〒272-0033 千葉県市川市市川南1-5-19 スミダビル2階 地図はこちら
新宿オフィス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階 地図はこちら
北千住オフィス
〒120-0034 東京都足立区千住2-54 須川ビル5階 地図はこちら
横浜オフィス
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階 地図はこちら
名古屋オフィス
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7 西柳パークビル3階 地図はこちら
京都オフィス
〒600-8008 京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階 地図はこちら
大阪オフィス
〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル2階 地図はこちら
神戸オフィス
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通6-1-14 ベルシア神戸三宮9階 地図はこちら
福岡オフィス
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-8-22 天神偕成ビル2階 地図はこちら
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

盗撮事件のよくある相談

盗撮事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

お問い合わせは今すぐお電話で

無料相談をご希望の方は、まずは「LINEで弁護士に無料相談」のサービスをご利用ください。ご家族が盗撮事件等で逮捕されている場合は、事務所でも無料相談を受けることができます。弁護士との対面相談に関する相談予約やその他のお問い合せは、0120-631-276までお電話ください。24時間体制で、専属のスタッフから直接案内を受けることができます。

来所相談で弁護士費用のお見積り

弁護士との対面相談は、日本各地にあるアトムの支部事務所で開催しています。来所相談は完全個室の相談室で行うため、プライバシー等の観点からも安心です。個人情報が外部に漏れることはないため、安心してご来所ください。相談時に弁護士に事件の状況を伝えれば、具体的なアドバイスや解決方法の提案を受けることができます。実際に弁護活動や示談交渉を依頼したい場合は、その旨を弁護士に伝えてください。契約の前にお見積りを確認することが可能なので安心です。

契約締結で弁護活動がすぐスタート

弁護士への弁護活動の依頼は、弁護士費用や活動内容が書かれた契約書にサインをするだけで完了します。ご依頼後は、弁護士が直ちに活動に着手するので、後は弁護士に任せておけば大丈夫です。被害者に対する謝罪や示談金の交渉などについても、弁護士が直接行うので、ご依頼者にストレスがかかることはありません。示談が成立した後は、弁護士が検察官に対して、今回の事件を不起訴処分とするように申し入れます。不起訴処分になった後は、不起訴処分告知書を入手して弁護活動が終了します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

盗撮事件のよくある相談

盗撮事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

お問い合わせは今すぐお電話で

無料相談をご希望の方は、まずは「LINEで弁護士に無料相談」のサービスをご利用ください。ご家族が盗撮事件等で逮捕されている場合は、事務所でも無料相談を受けることができます。弁護士との対面相談に関する相談予約やその他のお問い合せは、0120-631-276までお電話ください。24時間体制で、専属のスタッフから直接案内を受けることができます。

来所相談で弁護士費用のお見積り

弁護士との対面相談は、日本各地にあるアトムの支部事務所で開催しています。来所相談は完全個室の相談室で行うため、プライバシー等の観点からも安心です。個人情報が外部に漏れることはないため、安心してご来所ください。相談時に弁護士に事件の状況を伝えれば、具体的なアドバイスや解決方法の提案を受けることができます。実際に弁護活動や示談交渉を依頼したい場合は、その旨を弁護士に伝えてください。契約の前にお見積りを確認することが可能なので安心です。

契約締結で弁護活動がすぐスタート

弁護士への弁護活動の依頼は、弁護士費用や活動内容が書かれた契約書にサインをするだけで完了します。ご依頼後は、弁護士が直ちに活動に着手するので、後は弁護士に任せておけば大丈夫です。被害者に対する謝罪や示談金の交渉などについても、弁護士が直接行うので、ご依頼者にストレスがかかることはありません。示談が成立した後は、弁護士が検察官に対して、今回の事件を不起訴処分とするように申し入れます。不起訴処分になった後は、不起訴処分告知書を入手して弁護活動が終了します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)