盗撮に強い弁護士

盗撮事件を弁護士に依頼するメリットは?

岡野武志(弁護士、アトム法律事務所弁護士法人代表社員)

弁護士に依頼するメリットは

盗撮事件を弁護士に依頼するメリットは何ですか?

盗撮事件の解決を弁護士に依頼すれば、その後の手続きスムーズに、かつあなたに有利に進めることができます。弁護士をつけた場合は、その弁護士はあなたの味方として活動する法的義務を負うからです。また、被害者の連絡先を知らない場合は、弁護士を付けなければ捜査機関から連絡先を入手することができません。見知らぬ被害者との示談をスムーズに進めるためには、弁護士をつける必要があります。

盗撮で示談をするメリットは?

盗撮の被害者と示談が成立すれば、事件が最終的に不起訴になる可能性が高いです。特に、初犯の盗撮事件であれば、まず間違いなく不起訴で事件は終了します。また、被害者と示談が成立すれば、損害賠償責任などの民事トラブルも一挙に解決するので、のちのち賠償金などで悩まなくても済みます。示談が成立すれば、被害者から追加請求されることもありません。

盗撮で不起訴になるメリットは?

実際に起こした盗撮事件で警察沙汰になっても、不起訴になれば絶対に前科がつかないので安心です。前科とは、過去に有罪判決を受けたことをいい、不起訴になれば有罪判決を受けることがないからです。前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズで、結婚や就職などでも無駄な心配をしなくて済みます。前科がつかないことのメリットは、インターネットが発達した現代社会においては、非常に大きいといえます。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談