盗撮に強い弁護士

盗撮のよくある質問 – 盗聴行為はどのような法律・条例で処罰されるのですか。

盗撮のよくある質問

盗撮事件一般の質問

盗聴行為はどのような法律・条例で処罰されるのですか。

盗聴行為は、有線電気通信法や電気通信事業法で処罰される可能性があります。また、盗聴器を仕掛ける行為に、住居侵入罪が成立するケースもあります。

有線電話に盗聴器を仕掛けて傍受した場合、有線電気通信法、電気通信事業法によって処罰される可能性があります。
一方、無線式である携帯電話やコードレス電話を傍受した上その存在・内容を漏らした場合、電波法によって処罰される可能性があります。
これらに付随して、盗聴器を仕掛けるため他人の住居に侵入した場合、住居侵入罪で処罰される可能性があります。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談